ICPSR国内利用協議会統計セミナー

ICPSR国内利用協議会・統計セミナー

2006年度より、ICPSR国内利用協議会に加盟している機関の教職員・大学院生を対象に、社会科学に関する統計セミナーを開催しております。ICPSR国内利用協議会に加盟することで、ICPSR本部のあるミシガン大学で行われるSummer Programに、通常の半額で参加できる特典がありますが、それでも海外の渡航・滞在には多くの出費を伴います。日本国内においても、統計セミナー受講の機会が得られるよう、このようなセミナーを企画しております。
また、大学院を持たない加盟機関においては、学生がICPSRに関わる機会をもってもらうため、2018年度より国内セミナーの開催校に限り、学部生も参加できるようになりました。


2021年 統計セミナー

~2021年度 第16回 ICPSR国内利用協議会・統計セミナー~

日程: 2021年9月7日(火) ~8日(水)

場所: オンライン開催(ZOOMウェビナー使用/開催校:関西大学)

コース概要:全2コース(※コース内容はこちらを参照)

日付
内容
9/7
(火)
入門編
「統計分析トラブルシューティング:困ったときにどうするか」
  講師:石田 賢示(東京大学)
9/8
(水)
応用編
「古典的な多変量解析の理解と実際:因子分析・主成分分析・クラスター分析」
  講師:保田 時男(関西大学)

参加人数:
9月7日入門編 46名、9月8日応用編 46名 <合計 延べ  92名>

セミナーの様子:

 


   
共催:関西大学,ICPSR国内利用協議会
後援:東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センターICPSR国内利用協議会ハブ機関

サイト内検索

Page Top